吐き気を催して口元を手で押さえている女性

睡眠を満足な形でとることができないというのは現代社会においてよく見られる状況になっています。
ビジネスを基本とする社会で生きていくためには不安やストレスを抱えていかなければならないことが多く、それが蓄積していくことによって病的になると寝付けなくなってしまったり、眠っても何度も目が覚めてしまったり、いくら眠っても疲れが取れなくなったりと様々な形で睡眠障害として現れてきてしまいます。
睡眠障害によって生活の質が低下してしまうことは大きな問題であり、その解決策として睡眠薬の処方による対症療法が行われるというのが病院における基本的な治療方針となっています。
睡眠薬は作用メカニズムと半減期で分類がなされています。
多くの睡眠薬は中枢の活動レベルを下げるという点で共通しています。
古くはバルビツール酸系の睡眠薬が用いられていましたが、中枢に直接作用することによって呼吸抑制を起こしうることから現在ではほとんど使用されなくなりました。
現在主流なのはベンゾジアゼピン系であり、その副作用の軽減された非ベンゾジアゼピン系睡眠薬もまた広く用いられるようになってきています。
一方、これらの睡眠薬の場合には自然な睡眠を誘発することができないということが知られているため、より自然な睡眠をもたらせる可能性が高いコンセプトの元に開発されたものも商品化されるようになってきました。
その一つはオレキシン受容体阻害剤であり、覚醒を司るオレキシンの作用を阻害することによって睡眠をもたらします。
また、人の概日リズムの調節において主要な役割を果たす生体内物質であるメラトニンと類似の作用を示すことにより睡眠のリズムを正常化させることを目指した睡眠薬も利用されるようになってきています。

記事一覧
世界睡眠医学会はパニック障害で睡眠薬の処方を検討中

今の世の中は大変に複雑となってきていることから、人間関係の悩みなど様々な問題が浮上しているわけです。 そんな状況のなかで、毎日を過ごしている人々は精神的にも大きなダメージを受けているわけです。 そうしていますと人は心に大きなしがらみをもつことになり、心身になにかしらの影響を与えるようになるとされます。 気持ちが落ち込むことが多くなり、物事に集中できないなにもやる気が起きないという状況に陥ります。 辛い気持ちを抱えたままで生活を長くしていますと、本人は気づかない病気に見舞われることがあります。 精神疾患の一例に、パニック障害があるのですがその病気になりますと日常に様々な影響を及ぼしてくるようになります。 主に外出時に起こるとされ、満員電車など公共の乗り物に乗りますと絶対に逃れられないという気持ちから、急に胸の鼓動が激しくなりこのまま自分がどうにかなってしまうのではないかと恐怖に襲われるのです。 実際にそんな症状を心配して医療機関を受診しても、なにも問題がないのが特徴であります。 その病気を世界睡眠医学会において、パニック障害として取り上げています。 世界睡眠医学会は各精神医学博士たちがより集まり、結成されている組織であります。 優秀な専門職につく人々が、精神疾患を主に取り扱いながら病気回復への回路を見いだしています。 世界睡眠医学会で取り上げられているもうひとつの社会的問題視されている、睡眠障害にも深く携わっておりパニック障害と平行して睡眠薬の投薬のあり方について考えていっています。 睡眠薬にた対する憶測がいろいろとありますが睡眠薬について言えることは、パニック障害などの心に深いトラウマを抱えている場合に睡眠障害にも陥りやすいことから、眠れないときは無理をすることなく睡眠薬に頼ってもよいと論じています。

2019年11月20日
不眠克服!寝る時の姿勢や快眠ジャパンの睡眠薬情報

不眠症を患ってしまっている人にとって、自分で原因が特定できていてもできていなくても何とかして眠れるようになりたいというのは切実な願いです。 そのために医療機関を受診して睡眠薬を処方してもらったり、インターネットを使って不眠症についての情報を集めたりすることが一般的です。 特にインターネットの普及は睡眠薬の情報や不眠症の対策などの様々な情報を手に入れられることから汎用されるようになっています。 快眠ジャパンのように不眠症についての総合的案情報サイトもあり、睡眠や不眠について知りたい場合には多くの情報を容易に手に入られラレル用になりました。 快眠ジャパンでは睡眠のメカニズムや実態、不眠症の治療等についての情報を発信しており、不眠症患者にとっては睡眠薬の効くメカニズムや睡眠薬の選択肢等についても理解することが容易であり、よりよい医療を受けるのに役立っています。 一方、快眠ジャパン以外にも様々な情報を発信しているサイトが多数あります。 多くの不眠症患者が気にするのが寝る時の姿勢です。 仰向け、うつぶせ、右向き、左向きと大雑把に分ければ四つの姿勢がありますが、どれが最も寝付きがよかったり疲労回復効果があったりするのかということは自分の不眠症症状の軽減につながる可能性があるからです。 寝る時の姿勢にも一長一短があり、その人の求めることによってどれを選ぶべきかは異なります。 寝る時の姿勢について、それぞれのメリットやデメリットについてまとめたサイトもあることからそういったサイトを参照して実際に実践するということが容易になっています。 インターネットの恩恵を受けて睡眠薬以外にも不眠を克服するための努力がしやすくなっているのです。

2019年10月18日
睡眠薬を飲んだように眠る反復性過眠症に飲酒は禁忌

反復性過眠症とは非常に珍しい睡眠異常の一種です。 夜間十分な睡眠を摂っているにも関わらず、日中に睡眠薬を服用したかのような強い眠気に襲われ、日常生活に支障をきたしてしまう過眠症のひとつです。 数日間から2週間程度睡眠薬を飲んだように眠り続ける状態が続き、この期間を「傾眠期」と呼んでいます。 傾眠期の間は通常毎日15時間以上昼夜を問わず眠り続けます。 傾眠期の間でも食事をとることやトイレに行くことができ、人と話すこともできますが、本人の記憶にはほとんど残りません。 不機嫌で強い眠気を訴え、ぼんやりとして注意力散漫な状態が続きます。 過眠の症状の他に過食症状や攻撃的な振る舞いがみられ、対人トラブルにつながってしまうことがあります。 このような傾眠期が年に数回おこることがこの病気の特徴とされています。 反復性過眠症を発症するのは10~20代前半の青年期が多く、女性よりも男性の方がはるかに発病率が高いとされています。 過眠症には睡眠薬の副作用や飲酒が原因の場合もありますが、反復性過眠症の原因はいまだ明らかになっておらず、症例も少ないため研究が進まず、いまだ治療法は確立していません。 いちど傾眠期になってしまうとほとんど治療の効果が出にくいので、傾眠期と傾眠期の間に予防的な治療を行うことが今のところもっとも有効な治療とされています。 治療は睡眠障害を治療する精神科を受診します。 反復性過眠症は多くのナルコレプシー同様に強いストレス、急性の発熱、疲労、深酒などが引き金になっていると考えられています。 患者には心身に負担をかけず、飲酒をしない、毎日決まった時間に起床・就眠するという規則正しい生活を行うことが推奨されています。 生活指導と並行して、安定剤や睡眠薬などの服薬治療も行われています。

2019年09月22日
睡眠障害への音楽療法と減薬

病院やクリニックの精神科や心療内科を受診する患者には眠れないということを訴える人が大勢います。 現代社会においては大きなストレスを受けながら社会生活を送らざるを得ない状況に立たされることも多く、その大きな影響を受けて不安を抱えてしまい、睡眠障害を生じてしまうということが多々あるからです。 そういった人たちも我慢できる程度であれば病院に足を運ぶことはあまりなく、日常生活に支障を来して我慢の限界を越えてから病院を訪れる人が多い傾向にあります。 そのため、そういった患者にはまずは睡眠薬を処方して落ち着いた眠りを提供するということから治療が始められるのが一般的です。 これによって患者は睡眠薬によって眠れるようになりますが、現代において広く用いられている睡眠薬であるベンゾジアゼピン系の睡眠薬は依存性を生じてしまう可能性があり、突然飲むのをやめてしまうと離脱症状と呼ばれる多様な症状が生じてしまうリスクを持っています。 特に睡眠薬を毎日のように飲んでいた場合にはそのリスクが高く、一度にやめるのではなく減薬していくという方法が必要になります。 睡眠障害を改善していくためには睡眠薬がなくても眠れる状態にしていなかければならないため、心身がリラックスできるように様々な治療が試みられます。 音楽療法はその一つとして芽生えてきたものであり、リラックスできる音楽を聴くことによって不安を沈めるということが目的とされます。 音楽療法等の効果の有無を調べるには減薬を行うという手はずをとることになります。 そして、減薬を行っていっても毎日眠ることができる状態を維持することができれば睡眠薬なしでも眠れる正常な生活に戻ることができるのです。

2019年08月25日
睡眠薬の不眠症薬補助を行う失眠

不眠症薬の治療に用いられる睡眠薬は、神経を落ち着かせ眠気を呼ぶ効果を持ちますが、焦りや不安があれば効果を失いますから、外的な刺激で補助するやり方が便利です。 全身に分布される各種のツボは、古くから不眠症薬代わりに使われていましたし、睡眠薬と併用しても健康被害は起きないので、安全性に優れた補助的サポート法になります。 失眠は名前の様に眠りと関わるツボで、誰もが足に持つ部分ですから、使用中の睡眠薬効果が今一に感じられる場合は、試しに刺激して不眠症薬を助ける方法が使えます。 このツボは足のうらでかかと側に存在し、中央が失眠と呼ばれる部分なので、痛さよりも心地良く感じられる程度で押し込み、数回繰り返す動作を毎日行えば、次第に睡眠薬の効果と眠りに差が生まれます。 程度は個人的な体質や不眠症薬によりますから、失眠への刺激が必ず成功するとは限りませんが、お金が不要で手軽な方法なので、少しでも睡眠薬の作用を改善したい場合は、試して変化を感じ取る期待が行えます。 誰もが持つツボの発見は、人類史上の中でも大きな成果で、それを詳細に調べた功績は優れますから、立場に関わらず活用出来る失眠の存在こそ、手軽で便利な睡眠薬といえます。 睡眠薬の使用を減らしたい場合や、段階的に自然な眠りを求めたい時も、この存在は重要な意味を持ちますし、他に代えられない重要性を備えますから、具体的な位置を特定したり、最も良く感じられる強さを発見する事こそが、眠りの質を高める方法に相応しい取り組みです。 また、針やお灸も異なる影響力を持つので、指や道具による刺激が物足りないのなら、資格と技術を兼ね備える人を頼り、状態を見て貰い最善の施術が受けられれば、良い眠りが得られる確率は高まります。

2019年07月28日
入眠障害で処方される睡眠薬について

不眠症は入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害の、それぞれ特徴が異なる4つのタイプに分けることができます。 その中でも最近は寝床に入ってもなかなか眠りにつくことが出来ない状態が続く、入眠障害に悩む人の数が増加していると言われています。 不眠症を引き起こす原因は様々ありますが、最近は、パソコンやスマートフォンの画面を見続けることが原因で起こる不眠症が問題になっています。 画面から出る強い光であるブルーライトを長時間浴び続けると、脳が夜間を昼間であると誤認してしまうという現象が起こり、結果的に入眠障害を引き起こすと考えられています。 入眠障害で処方される睡眠薬はマイスリーが一番多いとされています。 マイスリーはいわゆる超短時間作用型で、その効果は2~4時間程度で切れ、副作用は比較的少ないと考えられています。 ただ、マイスリーによる副作用は完全にないというわけではなく、頭痛や一時的な物忘れ等が起こりうる可能性はゼロではありません。 一般的にアルコールは睡眠薬との相性が悪いと言われていますが、マイスリーを服用する際は特に気を付ける必要があります。 マイスリーは睡眠薬の中でも特にアルコールとの相性が悪く、併用によって異常な行動をとり始めたという報告もあります。 睡眠中に急に動き出して掃除を始めたり、車を運転しようとするなどの行動は無意識の状態で行われていて、本人の記憶にも残らないため非常に危険であると言えます。 また、マイスリーは病院で処方される睡眠薬なので、処方箋がないと手に入りません。 ドラッグストアなどでは購入することが出来ないため、症状が軽い場合は市販の睡眠導入剤などを利用するほうが安全だと言えます。

2019年07月12日
不安障害における睡眠薬のリスクとツボによる治療

社会に適応していくということは精神的な重荷になってしまうことは否めません。 目上の人や同世代の人、目下の人といった相手の違いによって違った立ち振る舞いをしながら適切な人間関係を作り上げていかなければ社会で一人前の人材として生きていくことは難しいからです。 それを過度なプレッシャーとして感じてしまって、なんとか頑張ろうと自分を奮い立たせていくことは逆に緊張や不安を大きくしてしまうことも多々あります。 それがまたプレッシャーとなって悪循環を生むと不安が大きくなり、精神的に患ってしまうことがあります。 それが社会不安障害と呼ばれるようになって認知度が少しずつ広まってきています。 不安障害になると強い不安や緊張を感じることによって極度な身体的症状が生じてしまい、それを苦しむようになってしまうものです。 不安障害によって眠れないことも多いため、睡眠薬が処方されることもよくあります。 睡眠薬によって眠れることに安心感を覚えてしまうことから、睡眠薬に対する精神的依存を生んでしまうことも多いのが不安障害の特徴となっています。 そのため、睡眠薬の使用は根本的な治療ではないことを患者に認識させることは重要な指導内容です。 しかし、根本的な治療を行うことも難しいのが実情であり、多様なアプローチによる症状の改善が試みられます。 その中で患者によってよく試されるのがツボを利用するものです。 手のツボには緊張をほぐす作用があるものが三つあり、そのツボを刺激することによって精神的にリラックスするという方法です。 ツボを用いた治療に対して信頼感を持っている人には効果が高い傾向があり、薬物療法や認知行動療法等と並行して試みる患者が多くなってきています。

2019年06月17日
睡眠薬を使っても眠れない場合は

夜眠れないと眠れない自分にイライラしたりします。 お昼の明るい時間がずっと続いていいぐらいに思ったりします。 仕事をしていた若い時にはそのような日は1日もなかったのになどと、自分の状態に自分自身が不思議に思うのです。 夜上手く眠れないと思っていても実はそういう時には案外朝ご飯の後にうつらうつらとしたり、昼ご飯の後に本格に昼寝をしたりするのです。 そうしてまた夜を迎えてしまいます。 それが続くと思うように体が動かず気分もすっきりとしません。 睡眠薬を医師から処方してもらって服用してみるのですが、最初の内は飲んでしばらくすると眠くなってくるのです。 そうすると嬉しくなって使い続けてみるのですが、なぜか薬を飲んでも眠れなくなってしまったりします。 その時は睡眠薬を飲む前よりも眠らなくてはとか、眠れるはずだと脅迫観念のように感じてきます。 そして、睡眠薬が足りないのじゃないのかとか、効力が少ないものなのではないのかと、次々と量を増やすように頼んだり、もっともっと強いのにしてくださいなどと言ってしまいます。 しかし、それは薬が少ないとか効力の問題ではないのです。 自分が自分を追い込んでしまっているのです。 例えば眠れない夜を過ごす時には眠らなくても死ぬこともないのだしとかどれだけ長い間眠れなくても居られるのか睡魔と競争でもしているような気持ちで焦らないのが一番です。 そして、眠れない夜を過ごしているとどうしても朝方は眠くなるものですが、そこはきっちりと起きるのです。 そこでだらだらと眠ったりするとまた次の夜を自分と戦うようになってしまいます。 自分が動ける範囲で精一杯動いて、なるべく昼寝などをしない生活をすると、睡眠薬や余計な考えでせっかくの夜を台無しにすることは少なくなります。 また、眠れない原因が胃痛や腰痛など、他の症状に起因するものの場合もあります。 そういった場合は睡眠薬に頼るのではなくネキシウムやボルタレンなど、その症状にあった薬を服用することによって根本から解決していくことを考えましょう。

2019年06月02日
睡眠薬の強さを比較

睡眠薬には、薬剤の効果によって半ば強制的に睡眠状態へ導くタイプの薬剤と人間の睡眠に至るシステムを人工的に促進するタイプの薬剤があります。 薬剤により睡眠状態へ導く薬剤には、バルビツール系とベンゾジアゼピン系、非ベンゾシアゼピン系があります。 20世紀半ばから用いられて来たバルビツール系の薬剤の催眠導誘作用と催眠作用が最も強く、薬効が大き過ぎる為に呼吸が浅くなったり、呼吸が止まるなどの副作用の危険性の高い薬剤であり、現在ではほとんど処方されていない薬剤です。 しかし、一般的な睡眠薬では眠れない重症の睡眠障害患者に処方されるケースもあります。 非ベンゾジアゼピン系の薬剤とベンゾジアゼピン系の薬剤のピーク時の強さに大きな違いはありませんが、薬剤により薬効のピークに至る時間と薬効の持続時間が異なります。 ベンゾジアゼピン系の薬剤は、バルビツール系の薬剤に比べ弱いのですが、重大な副作用も無くバランスのとれた薬剤です。 しかし、副作用が無い訳で無く筋肉が弛緩する作用があり、特に高齢者の転倒の原因になるとして、高齢者の処方は少なくなっています。 非ベンゾジアゼピン系の薬剤は、ベンゾジアゼピン系の薬剤の欠点である筋肉弛緩効果を出来るだけ排除した睡眠薬です。 人間の睡眠に至るシステムを人工的に促進するタイプの薬剤には、メラトニン受容体作動薬とオレキシン受容体拮抗薬があります。 メラトニン受容体作動薬は、脳内の視床下部組織より分泌されるホルモンの一種であるメラトニンが、視交叉上核のメラトニンレセプターと結び付く事で眠くなる人間のシステムを利用した睡眠薬です。 自然に近い形で睡眠状態へ導くのが最大の特徴です。 眠り病と呼ばれるナルコレプシーと言う疾患の原因が、オレキシンの欠乏にある事に着目して、昨年市販化されたオレキシン受容体拮抗薬は、オレキシンを阻害する事で睡眠状態に至る睡眠薬です。

2019年05月22日